PROFILE



  中 出 悦 子
   〜 Etsuko Nakade 〜

♪京都市立京都堀川音楽高等学校を経て、神戸女学院大学音楽学部ピアノ科卒業。その後チェンバロを始め、スイス・チューリッヒ音大に留学。同大学にて演奏家ディプロマを最優秀で取得後、ドイツ・フランクフルト国立音大大学院で研鑽を積む。
この間日欧において多数コンサートに出演。2000年より毎年リサイタルを開催。

2000年より8年間「仙亭バロックコンサート」開催。

京都市交響楽団楽友会、ブレーマーフィル等とチェンバロコンチェルト共演。2004年、06年、13年、14年スイスにて、また08年、12年フランス・パリにて、09年フランス・オーヴェルニュにてリサイタルを行い、好評を得る。現地新聞にも掲載される。フランスLes Solistes de Demainフェスティバル参加、パリAtelier Von Nagelチェンバロ工房でのドキュメンタリー番組にチェンバリストとして出演。2018年スイスへ演奏旅行予定。

またバロックアンサンブル「ラ・ルーナ」のチェンバリストとして活躍し、アンサンブルにも力を入れている。最近は指揮活動も行っている。


♪演奏活動の傍ら、FMラジオで音楽番組にもパーソナリティとして出演、バロック、クラシックの紹介を行っている。神戸女学院大学、佛教大学非常勤講師を歴任。門真市音楽協会理事、門真市文化芸術振興審議会委員を務める。


♪チェンバロをJ.ゾンライトナー、M.デールングス、H.キルヴァルト、G.ムレイ、C.A.ピゲーの各氏に、また室内楽をK.ブッケ(リコーダー)、M.シュナイダー(リコーダー)、J.ホロウェイ(バロックバイオリン)、K.カイザー(トラヴェルソ)の各氏に師事。


♪2015年、門真市「文化教育功労賞」受賞。